医師求人で選ぶ転職活動ガイド!

-  |  次の5件 »

なぜ医局は一般企業のように退職できないのか?




■なぜ医局には根強い力が存在する?


一般の会社を退職するような感覚で医局を退局することはできません。


ですので、書店で手に入る一般の転職・就職に関する本は役に立ちません。


医局のトップである教授と直接対面し、「退職」することを伝えなければなりません。
文字にすると何でもないですが、これがとてつもないストレスなのです。


多くの医師が医局を退職するために1年ほど時間をかけて行います。


教授との面談で退職することを思い留まるように説き伏せられてしまえば、それまで
の苦労が水の泡となってしまいますので、そのプレッシャーに苦しめられます。





■円満退職に失敗するリスクについて!


円満退局できなければ、あらゆる面で不都合が生じます。


間違っても「退局理由」を医局に対する不満としないように注意してください。


例えその理由が誰の目から見ても真実だとしても、医局とトラブルとなれば問題です。


「 円満退職 」するための理想的な理由は、「本当は医局を辞めたくないけどしょうが
なく辞めなければならない」としなければなりませんし、これが一番無難です。


まず最新の医療情報を入手出来なくなりますし、これまでの人脈も絶たれてしまいます。


医師の仕事をあきらめて別の業界で働く覚悟があればよいでしょう。


しかし、さらに医師として高みを極めたいのであれば、辛抱しなければなりません。





■よく使われる退職理由ベスト5!



(1)結婚・出産(女性医師限定)

「結婚・出産」を理由とした退職であれば医局側も快く認めてくれます。


もちろん女性医師のみで、男性医師は認められません。もし言えば一喝されます。


ただし教授をはじめ、これまで仕事でお世話になった医局員を結婚式に招待しなければ
ならないわけですから、絶対に「 嘘 」をついてはいけません。




(2)親の病院を継ぐため...

医師の親は医師である場合が少なくありません。


人によっては父親と母親の両方が医師というケースも結構あります。


ですので認められやすい退職理由の一つです。しかし、医局側から実家の両親を説得
するために連絡がいく可能性も十分あるので、この点を考慮する必要があります。




(3)親の介護

医師中年期に入れば、だれもが両親の介護問題に直面するので、これも「 退職理由 」
としてはよく使われますが、上述したとおり、実家に連絡が入るかもしれません。


そうした場合でもしっかり対応できるようにしなければなりません。




(4)ステップアップ

留学や転職などステップアップを理由にする方も少なくありません。


確かに一般企業ならこれはこれで良いかもしれません。


しかし、医局の場合は逆に教授の逆鱗に触れる可能性が高いです。


「退局しなくても留学くらいいくらでもさせてやるから1年我慢しろ!」


「うちではレベルが低すぎて満足に技術が磨けないか?」


となってしまったら目もあてられません。言葉には十分に気をつけてください。



(5)嘘

嘘の代表的なのが「病気」です。しかし、すぐにバレます。


過去には、「 うつ病 」と偽って何とか退職しようと試みるも、本当にうつ病になって
しまうケースもあるくらい、嘘を押し通そうとすると、そうなってしまいます。


そうしたリスクがあるので、なるべく嘘は控えましょう。



タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円満退職した場合のリスクとは?厳しい現実について




■教授の影響力を依然として大きい!


依然として一医局員である医師の先生方が退職するのは非常に難しいです。


一般の会社で働いている会社員のようにはいきません。


転職先を確保したからといって安心することはできません。


医局を辞めるのは、とてつもない労力を要します。


新しい臨床研修制度が2004年に導入されたことによって、医局の力は大きく削がれ
ましたが、医局内での教授の力を侮ってはなりません。


転職先が決まっているからといって、強引に退職すれば遺恨を残すこととなり、様々な
不利益がもたらされることになりますので、無理せず円満退職を心がけましょう。


それだけ、医学界における医局の力は依然として大きなものなんです。





■ぜったいに円満退職しなければなりません!


年に多くても数回のこととはいえ、学会などで教授や他の医局員に会いますが、もしも
退職するさいに医局に遺恨を残せば当然気まずいです。それに耐えられますか?


教授は残された医局員に対して、圧力をかけることも十分ありえますので、他の医局員
から「最新の医療」に関する貴重な情報も途絶えてしまいます。


もしも開業医として働くこととなれば、これはかなり致命的ですよね。


こうした嫌がらせを避けたいのであれば、円満退局を心掛けて下さい。





■引き止められたらどうする?


退局を巡って必ず教授と向き合って話あうことになるわけですが、「怒鳴られる」のは、
あらかじめ覚悟しましょう。そうすれば必要以上におどおどしなくてすみます。


いきなり恫喝されたら誰だって恐怖におののきますから、事前の心構えが大切なんです。
怒鳴られないですめばラッキーですが、ここで油断してはなりません。


給料アップや留学などを餌に引き止められたら誰だって考えることでしょう。


もし海外勤務を夢見ていたのであれば、心が揺らぐと思います。


ですが、本当に約束が実行されるとは限りません。その逆パターンが多いんです。


留学させてやるといわれて、その言葉を信じていたにもかかわらず、いつまでたっても
約束が実行されず、結果的に「 裏切られた! 」なんてことになりかねません。


そうならないように安易に転職を思いとどまらないよう、注意しなければなりません。



タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残念な医師を出来る医師に変える転職サイト!




■転職を確かなものにするために必要なこととは?


2004年に新臨床医研修制度が導入されたことをきっかけに、研修先を自由に選べるよう
になり、医局員に派遣に大きな力を持つ「医局」の力は年々低下しています。


そして、2005年ごろから医師の転職支援サービスを提供する会社が続々と誕生した
ことも、医局の弱体化を進める大きな要因の一つのとなっています。


その数は、大中小含めてすでに100社を超えています。


利用する医師の先生方からすれば、これまで以上に転職しやすい環境が整ってます。


しかし、これまでの働きが認められない医師の先生方は注意が必要です。


また同じような職場へ転職してしまう危険性があるからです。


そうなってしまう理由の一つに、キャリアプランがまるでない点があげられます!!


キャリアプランは医師人生の羅針盤のようなものですから、いうまでもなく大切です。
しかしキャリアプランがないだけでなく、作成できない医師の先生が多いんです!





■キャリアプランを作成出来ない理由とは?


ネットが普及したことにより、紙媒体の求人誌はほとんど姿を消しました。


その代わりネット上に沢山の就職、転職を支援するサービスが急増しています。


質の高いサービスを全てを完全無料で利用できるのも大きな魅力です。


医師の先生の間でも医師転職サイトを利用した転職活動が主流になりつつあります。


医学部は、他の学部と異なりキャリア教育がありません。


このため医局への依存度が低下しているにもかかわらず、自身のキャリアに悩む医師
が減るどころか逆に増えており、皆さん何をしていいのか分からず苦しんでいます。


ですので、医師転職サイトはサービスの一環としてキャリア相談も行っているため、
単なる転職支援サービスを提供する会社以上の存在となっています。





■まずは将来について医師転職サイトに相談しましょう!


上述した理由から、医師の先生は自分で「キャリアプラン」を立て、それに合わせて
キャリアを構築するといった意識が他の業界で働く人たちと比べて高くありません。


それだけ医局の力が大きかったわけですが、それまで医局によって医師としての生き
方を決められていたのが、いきなり自分で考えろといわれても困ってしまいます。


医師転職サイトのキャリア・コンサルタントは、そうした不安を解消してくれます。


これまで培った確かな知識と経験により、キャリアプランの作成を徹底的にサポート
してくれます。ですので、キャリア相談だけでも十分利用する価値はありますよ!



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医師が転職を成功させるのに必要なこととは?




■焦って転職活動を進めると必ず失敗する!


医師の先生でも人間関係の問題を理由に転職を決意されるケースが少なくありません。
しかし、医師は他の職種と異なり、簡単に退職することができません。


長期決戦となりますので、退職するまでに1年ほど準備期間が必要です。


その間に転職先を確保するのが理想です。


そのためにも適切な「 目的と目標 」が必要です。


何もない状態で転職活動を進めても、「 面談の場 」で採用担当者を納得させる答えを
導きだすのは難しいでしょう。それくらい転職する目的と目標が大切なんです。






■転職活動で生じる不安や悩みを解消するには?


転職先が決まらない状態で転職活動するほど、心理的に不安なことはありません。


ですので、そうならないためにも医師転職サイトが何より重要な存在になります。


孤独な状態で転職活動を進めても、自分に都合よくありもしないことを期待するため、
良い方向へは中々進みません。また見なければいけない現実を見ようとしません。


しかし、医師転職サイトを利用すれば、現状をしっかり把握することができますので、
現実にそったキャリアプランを作成し、それにそって転職活動を進められます。


ですので、より理想とする職場への転職を実現しやすくなります。






■キャリアプラン=医師としての未来が決まる!


医師の先生方は、常日頃から激務をこなさなければならないため、時間がありません。


転職したいと思っても、思っているだけでは前に進みません。


ですので、適切な行動をとらなければなりません。


しかし仕事以外のことを考えられるほど時間的に余裕がないので、次第に転職したいと
考えていたことすら忘れてしまいます。そして無情にも時は過ぎ去っていくわけです。


そうならないためのも、医師転職サイトを利用し、コンサルタント主導のもと、将来的
なキャリアプランを作成し、それに従って転職活動を進めていきます。


面談でのやりとりの仕方から、転職にかかわる様々なことを指導してくれます。


理想の転職を実現させるためにも、医師転職サイトは必須です!!


そうするだけでも、得られる結果は大きく異なります。



タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多くの医師が教授に退職を阻止される理由




■今後医局を退局するのはより困難に!


医局の力が以前よりも衰えていると考える向きが強いです。


確かにそうかもしれません。しかし、医学界における医局の力は依然として強いです。


医局に属している医局員の皆様は、医局側の人事に抵抗することはできません。


病院への派遣に関して教授が強い力を持っているわけですが、医局員が減れば派遣する
ことが困難になります。これは自分の力が低下することにつながります。


このため、必死に引き止めようとするでしょう。以前よりも強引に...


ですので、医局は以前よりも退局しやすくなったという声には違和感を強く覚えます。





■恫喝に屈するなら転職は考えなおしましょう!


円満退局するためには、しっかりした準備が必要となります。


教授と対面して退局する旨を直接伝えなければなりません。


その機会というのは限られてます。少ないチャンスをものにしなければなりません。
しかし、そう簡単には辞められません。いきなり恫喝されることもあります。


脅しに屈しなかった場合は、泣き脅しかアメをぶら下げて引き止めようとします。


給料アップを基本に留学や医局で人気の高い派遣先への転勤を条件に思いとどまるよう
に説得するのですが、安易に乗っかってしまうと後悔することになります。





■転職決断したら絶対に貫きましょう!


約束がいつまでたっても果たされないことも十分ありえます。


そうしたリスクがあることを覚悟したうえで退職を思いとどまるなら問題ありません。
しかし、そうではない場合、予想外の痛手を被ることになります。


まず本来であれば、今よりも良い条件で勤務できたはずの、転職先への転職が消滅した
だけでも痛手ですが、転職しようとしたことが職場の人間全員が知ることになります。


そうなると、教授からの指示か、自らの医師なのかは分かりませんが、これまで比較的
協力的だった医師たちの態度が変わり、職場にいずらくなってしまいます。


そうならないためにも、一度転職を決めたら最後まで貫かなければなりません。



タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © 医師求人で選ぶ転職活動ガイド! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。